メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・トップに聞く

金田章治・船員災害防止協会専務理事

金田章治氏

高齢化に対応し安全衛生対策に努める

 人の移動や物流では、自動車や列車といった輸送手段が目立つ存在だ。しかし、重量でみた輸送の割合で圧倒的な手段が船舶だ。その船舶も、船員の高齢化が進み、担い手不足が深刻になっている。海上という特別な環境での労働だけに、船員の安全の確保には特に配慮が必要だ。それを担っているのが特別法人の船員災害防止協会で、船員の災害の状況や、安全確保に向けた体制や対策などについて、金田章治専務理事に聞いた。(児玉平生)

 --どのような体制で船員の災害防止を進めているのですか。

この記事は有料記事です。

残り2837文字(全文3084文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです