メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・ファイル

在留邦人保護 安全情報をSNSで周知 外務省

事件で亡くなった犠牲者の追悼式で花を手向ける参列者=ダッカで16年7月4日

海外での事件頻発 増える中堅・中小企業の海外展開

 外務省が、海外で活動する在留邦人の安全の確保に力を入れている。この数年、海外で日本人がテロに巻き込まれて犠牲になる事件が複数件発生しており、同省は国際化とともに今後も事件が頻発する可能性があるとみている。安全情報の収集力が弱い中堅・中小企業の海外展開も増えており、渡航国の安全情報などをメールなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを使って周知を図っている。

 同省によると、これまで中東・北アフリカで発生することが多かったテロ事案などが、最近は欧米やアジアに…

この記事は有料記事です。

残り2308文字(全文2571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです