メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

日本語教育 超党派議員提案の推進法が成立

「共生社会」構築へ日本語教育が不可欠だ。日本語研修で介護記録の付け方を学ぶインドネシア出身の技能実習生たち=浜松市で1月16日

「共生社会」の基盤づくり 国と自治体の「責務」規定

 日本語教育に関する初の法律となる日本語教育推進法が先の通常国会で成立した。超党派の議員連盟が法案を作成し、日本語教育の推進を国と地方自治体の「責務」として規定した。政府が外国人労動者の受け入れ拡大に踏み切る中、同推進法は外国人の日本語力を向上させることで、政府が目指す「共生社会」の構築を後押しすることになる。

 日本語教育推進法案は、日本語教育推進議員連盟(会長・河村建夫元官房長官)が約10回の議論を重ねて作…

この記事は有料記事です。

残り2386文字(全文2617文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです