メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

日本財団経営企画部 HEROsチーム 長谷川隆治

長谷川隆治氏

スポーツの力 ファンを巻き込み社会貢献に有効活用

 日本では「ラグビーワールドカップ(W杯)2019」と「2020東京オリンピック・パラリンピック」「関西ワールドマスターズゲームズ2021」が続けて開催される。

 前回のラグビーW杯で日本は南アフリカを撃破した。実力差がもろに出るラグビーで、優勝候補をラストプレーで逆転した衝撃は記憶に新しい。16年のリオ五輪は、前回ロンドン五輪で金メダルなしに終わった男子柔道が復権し、世界一のバトンパスで銀メダルを勝ち取った男子400メートルリレーの団結力など、日本国民に多くの感動と活力を与えた。

 ワールドマスターズゲームズは、誰もが参加できる生涯スポーツの国際大会で、「参加する」スポーツの大会…

この記事は有料記事です。

残り2766文字(全文3082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです