メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・あしたの日本へ

水素エネルギー研究者・山根公高さん

水素内燃機関」の活用を訴える山根公高さん(右)とスペシャルセッションのパネル討論で発言した井之上喬さん=東京都千代田区で6月2日、photo by S.Miyamoto(HESS)

脱炭素社会へ「水素内燃機関」の活用を

 持続可能な未来に向けて水素エネルギーの普及促進を目指す「国際水素技術会議WHTC2019」(水素エネルギー協会など主催)が6月、東京都内で開かれた。国内外の研究者や企業の担当者ら1000人以上が参加。交通や都市のインフラなど各分野の事業や実証実験などが報告された。セッションの議長で、水素エネルギー研究者の山根公高さん(71)=東京都市大学(旧武蔵工大)水素エネルギー研究センター元准教授=は「地球温暖化に歯止めをかけるためにも水素エネルギーの導入が急務だ」と訴える。(聞き手・本誌 明珍美紀)

 --脱炭素社会への切り札として水素エネルギーが注目されています。

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです