メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『山藤章二の四行大学』『孤独がきみを強くする』

群れることをよしとせず 自分流を切り開いた先達

◆『山藤章二の四行大学』山藤章二・著(朝日新書/税別790円)

◆『孤独がきみを強くする』岡本太郎・著(興陽館/税別1000円)

 私が作家としてのデビューをした今から三十九年前、山藤章二さんの似顔絵の流儀はすでに勇名を馳せていて、描かれた人が気分を逆なでされた上でその説得力を認めざるを得ない力感をそなえていた。まさに、和田誠流の似顔絵の対岸で、山藤流の役どころが世に躍り出ていたのだった。

 山藤章二流の説得力は、やがて『週刊朝日』の“似顔絵塾”に紹介される一般人の作品によっても、次々と証…

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです