メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『ある作家の夕刻』『小説という毒を浴びる』ほか

今週の新刊

◆『ある作家の夕刻』フィッツジェラルド/著(中央公論新社/税別1700円)

 フィッツジェラルドは1940年に若くして亡くなったアメリカの作家。そんな説明が不要なほど、日本で高い人気を誇っているのは、ひとえに村上春樹による新訳とオマージュのおかげであろう。春樹経由フィッツジェラルド。

 『ある作家の夕刻』は、30年代に書かれた短編小説とエッセーを、村上が編訳。各作品の解説、あとがきを付す。巻頭の「異国の旅人」は、著者夫妻を思わせる裕福で見かけのいいアメリカ人カップルが登場。同じくヨーロッパを旅している夫妻と出会う。

 大した筋があるわけではない。「空は低く、そこには眼光鋭い異郷の神の支配が満ちていた」は、ホテルのベ…

この記事は有料記事です。

残り1489文字(全文1802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです