メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『ある作家の夕刻』『小説という毒を浴びる』ほか

今週の新刊

◆『ある作家の夕刻』フィッツジェラルド/著(中央公論新社/税別1700円)

 フィッツジェラルドは1940年に若くして亡くなったアメリカの作家。そんな説明が不要なほど、日本で高い人気を誇っているのは、ひとえに村上春樹による新訳とオマージュのおかげであろう。春樹経由フィッツジェラルド。

 『ある作家の夕刻』は、30年代に書かれた短編小説とエッセーを、村上が編訳。各作品の解説、あとがきを付す。巻頭の「異国の旅人」は、著者夫妻を思わせる裕福で見かけのいいアメリカ人カップルが登場。同じくヨーロッパを旅している夫妻と出会う。

 大した筋があるわけではない。「空は低く、そこには眼光鋭い異郷の神の支配が満ちていた」は、ホテルのベ…

この記事は有料記事です。

残り1489文字(全文1802文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです