メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『がんを抱えて、自分らしく生きたい』西智弘・著

自分らしく生きる、を見つめるために

◆『がんを抱えて、自分らしく生きたい がんと共に生きた人が緩和ケア医に伝えた10の言葉』西智弘・著(PHP研究所/税別1400円)

 がんほど、人生を懸けた多くの選択を迫られる病はない。くも膜下出血や心筋梗塞(こうそく)のような病気なら、治療は即手術の一択。しかし多くのがんは長期間の治療を要する。外科的な手術に踏み切るのか、抗がん剤や放射線治療をするのか。入院か通院か。どこで治療をやめるのか、延命はするのか。無数の決断を迫られる。医療の進歩で選択肢が増えた分、がんとどう向き合うかは患者次第だ。

 医師に「あなたが決めてください」と言われることは、一見、医師から見放されたように映るかもしれない。…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文933文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです