メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

32GT-Rや初代セルシオも参加可! トヨタ博物館がクラシックカー・フェスティバルの参加車両募集開始

情報提供:カートップ

32GT-Rや初代セルシオも参加可! トヨタ博物館がクラシックカー・フェスティバルの参加車両募集開始

開館30周年記念も兼ねたイベントに!

 トヨタ博物館(愛知県長久手市)は、貴重な車両が一堂に会する人気イベント「第30回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を、10月27日(日)に開催する。それにともない、パレード参加車両の募集を開始した。

 このイベントはクラシックカーを通じ、自動車文化を未来へと継承していくことを目的に、毎年開催しているという貴重なもの。イベントの人気コンテンツのひとつとして、個人所有のクラシックカー(30年以上前に生産された国産車もしくは輸入車)によるパレードランや車両展示を行っている。

 今年はトヨタ博物館の開館30周年とイベント開催30回目を記念し、国産車のヴィンテージイヤーとも言われている1989年式の車両による30周年特別展示も予定されている。主な参加可能車両は、日産スカイラインGT-R(R32)、初代マツダ・ロードスター、初代トヨタ・セルシオなど。参加費用は1台あたり3000円となっている。募集締め切りは8月16日(金)までなので、気になる人は早めの申込みをおすすめする。

■第30回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル

1.開催日 :2019年10月27日(日)
2.開催場所:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
3.募集車両:約150台(応募多数の場合、車種等の情報をもとに事務局にて選定)
4.参加費 :3000円/台
5.募集期限:2019年8月16日(金)必着
6.応募方法:エントリー用紙をトヨタ博物館ホームページでダウンロードし、郵送
7.応募資格:1989年以前に生産された国産車・輸入車(除く、二輪車)で以下を満たすこと
(1)正規のナンバープレートがある車両(仮ナンバー不可)
(2)乗用車および商用車(大型車両、軍用車は除く)
(3)オリジナルを基本とした車両(レプリカ・改造車は不可)
(4)任意保険(対人・対物・搭乗者)に加入
(5)パレードでのお披露目走行ができる
8.その他 :参加にあたっては、別途ご案内する参加誓約書に同意いただきます。

 また、30周年特別展示として、1989年式の車両については
特設コーナーでの展示を予定しております。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです