メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

不都合な話を報じない罪=与良正男

安倍晋三首相

 この6年半が凝縮されているような光景だった。参院選公示を前に3日開かれた日本記者クラブ主催の党首討論会で、記者側が選択的夫婦別姓等々に関し、「賛成の人は挙手を」と尋ねた場面だ。

 態度を明確にするのは選挙にマイナスだと思ったのだろう。安倍晋三首相は手を挙げず、「政治はイエスかノーかではない。印象操作をするのはやめた方がいい」といら立ち、ぶすっとした表情で質問した記者側に文句をつけた。

 不都合な点はごまかして話をすり替える。これまで何度見てきたことか。しかも賛成か反対か、政治を単純に…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文929文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです