メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「いだてん」主役交代、盛り返すか 関東大震災の朝鮮人虐殺示唆 「歴史をきちんと」に評価

大友良英さん=藤井達也撮影

 「視聴率は絶望的」と言われてきたNHK大河ドラマ「いだてん」が折り返し地点を過ぎ、ギアチェンジしたように見える。数字が上向いただけでなく、日本人女子初の五輪出場選手、人見絹枝が走った7日の放送には「号泣した」「神回だ」と賛辞が相次いだ。実はこのドラマ、ただものではない?【奥村隆】

 ドラマ後半戦からの盛り返しは、この男の肩に懸かっている。6月30日放送(第25回)からの主役は競技者ではなく、「東京に五輪を招致した男」とされる朝日新聞記者、田畑政治(まさじ)。演じるのは阿部サダヲさんで、ドラマ音楽を手掛ける大友良英さんの評は「大河ドラマ史上、最高にせわしない主人公」。

 確かに田畑はじっとしていない。欧州への選手団派遣を目指し、蔵相の高橋是清や大日本体育協会の幹部らを説得するために早口でまくし立てる。とにかく、せりふの量が多いのだ。

この記事は有料記事です。

残り2494文字(全文2863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです