メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プロ野球

ダメ虎好きやねん Why? 米大名誉教授が学術書 アンチ東京、職場重ね

阪神タイガースの研究成果をまとめた自らの著書を手にするウィリアム・ケリーさん=2019年6月、著者提供

 プロ野球のペナントレース前半戦最後となる10日の試合を前に、首位・巨人から8・5ゲーム差となかなか調子が上がらない阪神タイガース。そのタイガースの研究者で、米エール大名誉教授のウィリアム・ケリーさん(73)=米国在住=が「虎とバット 阪神タイガースの社会人類学」(ダイヤモンド社)を出版した。「関西には、なぜ熱狂的な虎ファンが多いのか」。大リーグファンでもある文化人類学者の視点で研究成果をまとめた異色の学術書だ。【韓光勲】

 1971年に来日し、京都大大学院に留学。山形県の農村社会を研究した。その後、日本の社会をスポーツか…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1015文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです