メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

司法書士

民法丸暗記、脱暴力団員 8年越し合格

司法書士になる夢をかなえた甲村柳市さん。自身が開いた法務事務所で顧客の依頼を受けている=岡山市南区で、黒詰拓也撮影

 暴力団に10年以上所属した男性が昨秋、合格率約3%の司法書士試験に合格し、岡山市で開業した。組から足を洗った後に入った刑務所で民法の丸暗記を始め、8年越しで難関を突破して夢をつかんだ。全国暴力追放運動推進センター(東京都)によると、飲食店や建設業を始めた元組員はいるが、司法書士試験にパスした例は把握していないという。【黒詰拓也】

 男性は甲村柳市(こうむらりゅういち)さん(47)。「子どもの時からやんちゃで、暴力団に興味があった…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです