メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
展覧会

インドの出版社「タラブックス」 一冊一冊に豊かな哲学 京都で、世界が注目する本作り紹介

タラブックスの代表的な本。民俗画家と行うワークショップで生まれたものも多い。「夜の木」(中央)は現在、8カ国語で翻訳出版される=撮影・松岡宏大

 南インドの東海岸に位置する都市チェンナイ(旧マドラス)。ここに、世界が注目する小さな出版社がある。

 タラブックスは1994年、2人の女性が設立。その独自の本作りが一望できる展覧会「世界を変える美しい本インド・タラブックスの挑戦」が京都市左京区の細見美術館で開催中だ。

 本のジャンルは民話や神話を含む児童文学、小説、アートブックと幅広く、内容も一から作るものがほとんどだ。会場で目を引くのは、民俗画が巧みにデザインされた絵本の数々。インドでは児童書の出版があまりないため、「自国の文化から生まれる子ども向けの本作りを」が創業時のコンセプトとなった。

 広く知られるのは手すきの紙にシルクスクリーンで刷る手製本。代表作「夜の木」は2008年、伊ボローニ…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです