展覧会

インドの出版社「タラブックス」 一冊一冊に豊かな哲学 京都で、世界が注目する本作り紹介

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タラブックスの代表的な本。民俗画家と行うワークショップで生まれたものも多い。「夜の木」(中央)は現在、8カ国語で翻訳出版される=撮影・松岡宏大
タラブックスの代表的な本。民俗画家と行うワークショップで生まれたものも多い。「夜の木」(中央)は現在、8カ国語で翻訳出版される=撮影・松岡宏大

 南インドの東海岸に位置する都市チェンナイ(旧マドラス)。ここに、世界が注目する小さな出版社がある。

 タラブックスは1994年、2人の女性が設立。その独自の本作りが一望できる展覧会「世界を変える美しい本インド・タラブックスの挑戦」が京都市左京区の細見美術館で開催中だ。

 本のジャンルは民話や神話を含む児童文学、小説、アートブックと幅広く、内容も一から作るものがほとんどだ。会場で目を引くのは、民俗画が巧みにデザインされた絵本の数々。インドでは児童書の出版があまりないため、「自国の文化から生まれる子ども向けの本作りを」が創業時のコンセプトとなった。

 広く知られるのは手すきの紙にシルクスクリーンで刷る手製本。代表作「夜の木」は2008年、伊ボローニャ国際児童図書展で受賞し、タラブックスの名を世に知らしめた。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1009文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集