メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥井紫麻ピアノ演奏会

露に学ぶ15歳躍動

大阪でリサイタルを開くピアニストの奥井紫麻=大阪市福島区で、倉田陶子撮影

 ロシアの名門で学びながら、ピアニストとして活躍する15歳の奥井紫麻(しお)が15日、いずみホール(大阪市中央区)でリサイタルを開く。「弾いていると頭の中にいろいろな情景が浮かんでくる」という「24の前奏曲」や「子守歌」などのショパン作品を中心に、バッハ「イタリア協奏曲」、スクリャービン「2つの詩曲」「ワルツ」を披露する。「ショパンはバッハから、スクリャービンはショパンから影響を受けているけど、それぞれ弾き方や音の響きが違うところがおも…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです