メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥井紫麻ピアノ演奏会

露に学ぶ15歳躍動

大阪でリサイタルを開くピアニストの奥井紫麻=大阪市福島区で、倉田陶子撮影

 ロシアの名門で学びながら、ピアニストとして活躍する15歳の奥井紫麻(しお)が15日、いずみホール(大阪市中央区)でリサイタルを開く。「弾いていると頭の中にいろいろな情景が浮かんでくる」という「24の前奏曲」や「子守歌」などのショパン作品を中心に、バッハ「イタリア協奏曲」、スクリャービン「2つの詩曲」「ワルツ」を披露する。「ショパンはバッハから、スクリャービンはショパンから影響を受けているけど、それぞれ弾き方や音の響きが違うところがおも…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです