特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

現在から未来へ・栃木の高校野球

第101回全国高校野球/2 肩、肘のケア 検診で球児サポート /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
超音波で肘の検査を受ける選手=栃木県真岡市荒町の真岡市公民館で
超音波で肘の検査を受ける選手=栃木県真岡市荒町の真岡市公民館で

現在(いま)から未来へ・栃木の高校野球

 緊張した様子の選手の肘に医師が機器を当てると、パソコンの画面に骨の画像が映し出された。超音波で骨の状態を確認するエコー検査だ。医師が「特に異常はないね」と告げると、選手はほっとした表情を浮かべた。

 昨年2月、真岡市の公民館で開かれた野球肘検診の一コマだ。会場内にはエコー検査や問診、ストレッチのやり方の指導といったコーナーが設けられ、選手は順番に回って専門家からアドバイスを受けていた。

 参加した投手は「自分の肘の状態を確認できて安心した。ケアの方法も教えてもらえて心強い」と話した。近くの部屋では、親や指導者がけがを防ぐためのポイントについて説明を受けていた。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1213文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする