メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

シェフはどこに=浅見茂晴 /新潟

 「伝説を縁にしたネットワークとは、おもしろいアイデアではないか」。参加者の一人は終了後、笑顔で期待を込めた。古事記などに登場する奴奈川姫などを縁に、糸魚川市と出雲市(島根県)、諏訪市(長野県)の3市が6日「神話の縁結び かみがたりネットワーク」を結んだ。民間交流をベースにしたネットワークをつくり、観光客らの拡大につなげたい考えだ。

 日本海を背に北アルプスの玄関口でもある糸魚川市の魅力は歴史だけではない。アンコウ、米、日本酒など海山の幸も豊富だ。5億年にわたる地層や、日本を東西に分ける巨大な溝「フォッサマグナ」、その西端の断層「糸魚川-静岡構造線」などのジオパークがある。ヒスイなどさまざまな石が採れ、フォッサマグナミュージアムというガイダンス施設もある。北陸道が市の東西を走り、2015年には北陸新幹線も開業。全国からのアクセ…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

  2. 札幌市で新たに1人新型コロナ感染 70代日本人男性 北海道内18人目

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです