メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超
音と生きてきた

/6 「一参加者」で踊り継ぐ 郡上おどりに夢中の酒店経営 松浦芳美さん(56) /岐阜

「かわさき」を踊る松浦芳美さん=郡上市八幡町本町の上田酒店で

「爆発するくらい楽しい」

 日本3大盆踊りの一つで、「徹夜おどり」などで広く知られる郡上おどりが、今年も13日に始まる。1歳の頃から毎年、毎日のように参加し続ける郡上市八幡町の松浦芳美さん(56)も、その日を心待ちにする。【横田伸治】

 物心が付く前から郡上おどりの輪に加わり、子どもの頃は、一人でも毎晩出かけた。地元の大人たちからは、踊りが大好きという意味の「踊り助平」と呼ばれた。

 熱中したきっかけは、祖父の故枡田耕三さんの存在だった。踊りの歌い手として抜群ののどを披露し、保存会長も務めた祖父の姿を見て、自然と引きつけられた。祖父から強いられることは無かったが、しなやかながら力強い身のこなしを見て、「私もああいうふうになりたい」と熱中。子どもの頃は、徹夜おどりにも仮眠を挟みながら参加するほどの入れ込みようだった。

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです