メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音と生きてきた

/6 「一参加者」で踊り継ぐ 郡上おどりに夢中の酒店経営 松浦芳美さん(56) /岐阜

「かわさき」を踊る松浦芳美さん=郡上市八幡町本町の上田酒店で

 日本3大盆踊りの一つで、「徹夜おどり」などで広く知られる郡上おどりが、今年も13日に始まる。1歳の頃から毎年、毎日のように参加し続ける郡上市八幡町の松浦芳美さん(56)も、その日を心待ちにする。【横田伸治】

 物心が付く前から郡上おどりの輪に加わり、子どもの頃は、一人でも毎晩出かけた。地元の大人たちからは、踊りが大好きという意味の「踊り助平」と呼ばれた。

 熱中したきっかけは、祖父の故枡田耕三さんの存在だった。踊りの歌い手として抜群ののどを披露し、保存会長も務めた祖父の姿を見て、自然と引きつけられた。祖父から強いられることは無かったが、しなやかながら力強い身のこなしを見て、「私もああいうふうになりたい」と熱中。子どもの頃は、徹夜おどりにも仮眠を挟みながら参加するほどの入れ込みようだった。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです