メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音と生きてきた

/6 「一参加者」で踊り継ぐ 郡上おどりに夢中の酒店経営 松浦芳美さん(56) /岐阜

「かわさき」を踊る松浦芳美さん=郡上市八幡町本町の上田酒店で

「爆発するくらい楽しい」

 日本3大盆踊りの一つで、「徹夜おどり」などで広く知られる郡上おどりが、今年も13日に始まる。1歳の頃から毎年、毎日のように参加し続ける郡上市八幡町の松浦芳美さん(56)も、その日を心待ちにする。【横田伸治】

 物心が付く前から郡上おどりの輪に加わり、子どもの頃は、一人でも毎晩出かけた。地元の大人たちからは、踊りが大好きという意味の「踊り助平」と呼ばれた。

 熱中したきっかけは、祖父の故枡田耕三さんの存在だった。踊りの歌い手として抜群ののどを披露し、保存会…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1294文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです