メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海へ届ける絵画展

内航船の活躍、生き生き 「乗組員を応援」 画家2人、神戸で /兵庫

国内各地の海で活躍する内航船の絵を紹介する谷川夏樹さん(左)と青山大介さん=神戸市中央区波止場町の神戸海洋博物館で、木田智佳子撮影

 「港町神戸鳥瞰(ちょうかん)図」などでまちの変容を記録する鳥瞰図絵師、青山大介さん(43)=神戸市=と、絵本「コンテナくん」の作者で画家の谷川夏樹さん(42)=猪名川町=による「海へ届ける絵画展」が9日、神戸市中央区波止場町の神戸海洋博物館で始まった。海や船に魅せられる2人が、国内を航海する「内航船」の乗組員へのエールを込めて企画。神戸の港も登場する約40点の絵が並ぶ。

 コンテナをモチーフに描く谷川さんは、内航船の乗組員らとの交流を通じて、人手不足の実情を知った。応援…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです