メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
海へ届ける絵画展

内航船の活躍、生き生き 「乗組員を応援」 画家2人、神戸で /兵庫

国内各地の海で活躍する内航船の絵を紹介する谷川夏樹さん(左)と青山大介さん=神戸市中央区波止場町の神戸海洋博物館で、木田智佳子撮影

 「港町神戸鳥瞰(ちょうかん)図」などでまちの変容を記録する鳥瞰図絵師、青山大介さん(43)=神戸市=と、絵本「コンテナくん」の作者で画家の谷川夏樹さん(42)=猪名川町=による「海へ届ける絵画展」が9日、神戸市中央区波止場町の神戸海洋博物館で始まった。海や船に魅せられる2人が、国内を航海する「内航船」の乗組員へのエールを込めて企画。神戸の港も登場する約40点の絵が並ぶ。

 コンテナをモチーフに描く谷川さんは、内航船の乗組員らとの交流を通じて、人手不足の実情を知った。応援…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文575文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです