メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしQプラス

「ひまわりの会」ひきこもり支えて17年/上 社会復帰、ボランティアから /福岡

 ひきこもりが高齢化する中、官民挙げての対策は待ったなしだ。福岡市博多区銀天町のNPO法人青少年サポートセンター「ひまわりの会」の会長、村上友利(ともかつ)さん(74)は妻碧知子(みちこ)さん(71)と共に2002年7月から、ひきこもりの若者たちの再出発をサポートしてきた。ひきこもりからの脱出は簡単ではないが、村上さんはがんを患いながらも当事者たちに寄り添う。17年の活動を2回にわたって報告する。【松田幸三】

 ひきこもりの息子を持つ村上さん夫妻は福岡県内外の会合に参加するうちに自ら会を作り、若者たちを支援す…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです