タリバン

「日本も保証人候補」 米軍アフガン撤収合意時

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シェール・モハンマド・アッバス・スタネクザイ氏
シェール・モハンマド・アッバス・スタネクザイ氏

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバン幹部で、米軍撤収に向けた米国との交渉団を率いるシェール・モハンマド・アッバス・スタネクザイ氏が8日、カタールの首都ドーハで毎日新聞のインタビューに応じた。スタネクザイ氏は米国と合意する際、日本などアジアや欧州の複数の国が「保証人」として合意の履行を担保する形が望ましいとの意向を明らかにした。スタネクザイ氏が日本メディアと会見するのは異例で、タリバンが今回の交渉に関連して日本の関与の可能性に言及したのは初めてだ。【ドーハ松井聡】<4面に追跡>

 スタネクザイ氏は米軍の撤収時期と、アフガン国内でテロ組織の活動を許さないことについて協議中だと説明。「草案の合意後に本合意が署名され、保証人がいる前で合意が発表されるだろう。保証人となる国はまだ決まっていないし、関係国の同意が必要だが、日本も重要な国で候補国だ」と述べた。さらに「米軍が撤収を始めたのが確認されてから、我々も合意を履行していくことになる」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文759文字)

あわせて読みたい

注目の特集