メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

外国人の入管施設収容 裁判所関与、政治が議論を=山口知(不動産事業本部・前大阪社会部)

外国人を収容する東日本入国管理センターでは2014年に収容者2人が亡くなった=茨城県牛久市久野町で、土江洋範撮影

 単純労働分野でも外国人労働者の受け入れを解禁する改正入管法が施行され、日本に在住する外国人が増えていくとみられている。一方で強制退去処分を受け、送還までの間、各地の入管施設に収容されている人がいる。ここ数年は、入管が対応を厳格化した結果、収容の長期化が進んでいる。収容は入管だけの裁量で可能だ。もちろん必要な収容はあるが、裁判所など外部機関の関与が必要ではないか。政治主導で議論を始める必要があると思う。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2046文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです