連載

プーチンのロシア

プーチン氏の大統領就任を前に、ロシアを取り巻く課題や状況を分析する。

連載一覧

プーチンのロシア

ノルウェーと北方領土/上 友好の証し、ビザ免除 境界線解決の象徴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノルウェーのキルケネスからディーゼル油を給油する目的でロシアに入国してきたスティク・ヨハネセンさん=ロシア北西部ニッケルで6月
ノルウェーのキルケネスからディーゼル油を給油する目的でロシアに入国してきたスティク・ヨハネセンさん=ロシア北西部ニッケルで6月

 プーチン露大統領が6月末に訪日したが、焦点の北方領土問題は進展しなかった。ただ、ロシアと隣国の関係を見渡すと、ノルウェーと大陸棚の管轄権を巡る紛争を解決し、関係拡大を試みた事例がある。日本にとって参考になる側面があるのかどうか、両国国境を訪ねて考察した。【ニッケルで大前仁】

 ロシア極北の町ニッケルには、「玄関口」と呼ばれるガソリンスタンドがある。ノルウェー国境から40キロ程度進んだだけだが、ガソリン代はノルウェーに比べ半分以下だ。近隣のノルウェー人が日常的に車で国境を越え、ここでガソリンなどを補給している。

 自家用車にディーゼル油を給油していたのは、ノルウェーにある国境の町キルケネスから来たスティク・ヨハネセンさん(61)。ロシア語を話せるわけではないが、多くのロシア人と接するうちに親近感を抱くようになった。「自分にとって最も近しい国はロシアだ」

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1261文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集