メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

ノルウェーと北方領土/上 友好の証し、ビザ免除 境界線解決の象徴

ノルウェーのキルケネスからディーゼル油を給油する目的でロシアに入国してきたスティク・ヨハネセンさん=ロシア北西部ニッケルで6月

 プーチン露大統領が6月末に訪日したが、焦点の北方領土問題は進展しなかった。ただ、ロシアと隣国の関係を見渡すと、ノルウェーと大陸棚の管轄権を巡る紛争を解決し、関係拡大を試みた事例がある。日本にとって参考になる側面があるのかどうか、両国国境を訪ねて考察した。【ニッケルで大前仁】

 ロシア極北の町ニッケルには、「玄関口」と呼ばれるガソリンスタンドがある。ノルウェー国境から40キロ程度進んだだけだが、ガソリン代はノルウェーに比べ半分以下だ。近隣のノルウェー人が日常的に車で国境を越え、ここでガソリンなどを補給している。

 自家用車にディーゼル油を給油していたのは、ノルウェーにある国境の町キルケネスから来たスティク・ヨハネセンさん(61)。ロシア語を話せるわけではないが、多くのロシア人と接するうちに親近感を抱くようになった。「自分にとって最も近しい国はロシアだ」

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです