メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

逃亡犯条例改正案 反対派なお反発 行政長官「改正案失敗」

林鄭月娥行政長官

 香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は9日の記者会見で、反対運動が大規模化している「逃亡犯条例」改正案について「改正案はすでに死んだ」と述べ、今後は立法会(議会)で審議されることはないと改めて強調した。だが反対派は改正案を「完全撤回」していないとして反発している。インターネット上では毎週末のデモが呼びかけられ、既に14日と21日が具体化。今後も「完全撤回」や林鄭氏の辞任などを求めた運動が続きそうだ。

 林鄭氏は6月18日、市民の理解が得られない限り改正案の審議を立法会で再開することはないと表明。だが…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです