米国

ヒズボラ幹部制裁 イラン圧力策一環

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米財務省は9日、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラのテロ活動や資金洗浄に関与したとして、レバノン議会議員を務める同組織幹部ら3人を独自経済制裁の対象に指定したと発表した。制裁は米国の対イラン圧力強化策の一環。米政権幹部は「ヒズボラはイランの指示を受け、悪意ある活動を広めている」と述べた。

 ヒズボラをテロ組織に指定している米国がレバノン議会の議員を対象に制裁を科すのは初。レバノンでは近年、…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集