メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

時川英之さん=ストリップ劇場が舞台の映画「彼女は夢で踊る」を監督

時川英之(ときがわ・ひでゆき)さん(46)

 舞台は閉館の危機にある広島市のストリップ劇場「広島第一劇場」。30年以上社長を務める男性を軸に展開するラブストーリーに仕立て、光と影が交錯する世界で力強く生きる踊り子に思いを寄せる青春の断片を描いた。「恋心や切なさといった若い頃に経験した気持ちを詰め込んだ」と笑う目には、自らの青春も投影させた照れ臭さが映る。

 10歳の時、お年玉でビデオカメラを購入。中学時代に、友達を撮った映像を遠足のバスの中で流し、大ウケ…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです