メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織8強、次戦フェデラーと

男子シングルス4回戦でククシュキンを破り声を上げる錦織=共同

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第8日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準々決勝は第7シードで元世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が世界50位の張帥(中国)を7-6、6-1で降し、5年ぶりの4強入り。第11シードで4大大会23勝のセリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界55位のアリソン・リスク(米国)に6-4、4-6、6-3で勝ち、2年連続で準決勝に進んだ。

 第7日は8日、男子シングルス4回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング58位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を破り、2年連続2回目の準々決勝に進んだ。4大大会では5大会連続で8強入り。錦織の準々決勝は10日午後1時(日本時間同日午後9時)開始のセンターコートの2試合目で、大会最多8回優勝の第2シード、ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。混合ダブルス2回戦で、クリストファ…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです