メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族訴訟 国、控訴せず 「もう隠す必要ない」家族ら歓喜

支援者から花束を受け取り、思わず抱きつく原告の原田信子さん(右)と涙ぐむ奥晴海さん(左端)=衆院第1議員会館で9日、梅村直承撮影

 差別と偏見を一掃する大きな一歩が踏み出せる--。ハンセン病元患者家族への差別に対する国の責任を認めた熊本地裁判決は、国が控訴しない方針を9日に表明し、確定することが決まった。絆を分断され、人生を狂わされた家族たちは「もう病気を隠す必要はなくなった」と喜びの声を上げた。ただ、具体的な救済策は示されず、弁護団は国の謝罪と早期解決を訴えた。【服部陽、山本有紀、神田和明】

 9日午後、東京・永田町で開かれた記者会見。原告団長の林力さん(94)=福岡市=は「誤った政策で差別…

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです