メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族訴訟 国、控訴せず 金沢大名誉教授・井上英夫氏、九州大名誉教授・内田博文氏の話

「救済」広げる立法を 金沢大名誉教授・井上英夫氏(社会保障法)

 参院選の投開票を控える中での政治決断とはいえ、首相が熊本地裁判決が指摘した国の責任を受け止め、控訴しない決断をした点は評価できる。人権の保障は「差別はいけない」と言うだけでは足りず、政策や制度によって積極的に差別を取り除くことを意味する。

 にもかかわらず隔離政策を実行し、国民に差別意識を植え付けた国の責任は重い。熊本地裁判決は、救済の面…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです