メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏批判ブロック「違憲」 ツイッター「対話の場」米連邦高裁

トランプ米大統領=AP

 米ニューヨークの連邦控訴裁判所(高裁)は9日、トランプ大統領が自身のツイッターのアカウントに批判的な書き込みをしたユーザーをブロックし、投稿を見られなくするのは、言論の自由を保障する憲法修正第1条に違反するとの判断を示した。米メディアが伝えた。

 トランプ氏にブロックされた市民ら7人が提訴。昨年5月の地裁判決も、ブロックは言論の自由の侵害にあたると判断しており、トランプ氏は「連敗」となった。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、司法省の担当者は今回の判決を受けて「失望している」と表明した。

 高裁は判決で、トランプ氏が「公的な目的」でツイッターを使っていると指摘。その上で、投稿に対するコメント欄はオンライン上の「対話の場」であり、意見の相違を理由に投稿を読んだり意見を寄せたりする機会を国民から奪うことは「差別であり違憲」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都で感染者の一部と連絡とれず 菅氏「詳細を都に確認中」

  2. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです