メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州「これ以上の対立は危険」、核を巡る米・イランの関係悪化に苦慮

核合意で定められた紛争解決のメカニズム

 イランによる核合意からの逸脱行為で米国とイランの間の緊張が高まっていることを巡り、欧州の英独仏3カ国が対応に苦慮している。米国はイランへの圧力を強め、各国にも同調を求めるが、欧州側は「これ以上の対立は危険」(外交筋)とみて、外交的解決を模索する。国際原子力機関(IAEA)は10日、米国の要請を受け特別理事会を開催し、米・イランが激しい応酬を繰り広げた。

 イランが違反した場合、核合意当事国(イランと英独仏中露)は本来、核合意に明記された「紛争解決メカニ…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです