メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2降下開始 人工クレーター付近着陸・採取目指す「正念場」 

探査機「はやぶさ2」の2回目の着陸を前に、どのような運用をするか模型を使って説明する久保田孝・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所研究総主幹=東京都千代田区で2019年7月9日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへの2回目の着陸に向けて、降下を開始したと明らかにした。はやぶさ2は11日午前10時5~45分ごろ、人工クレーター近くへの着陸を目指しており、クレーターが作られた際の噴出物を採取できれば世界初となる。プロジェクトチームは「はやぶさ2にとって正念場、大きな山場と考えている」と話している。

 JAXAによると、はやぶさ2は10日午前11時1分ごろ、リュウグウの高度20キロから秒速40センチ…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1689文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです