にじみ ゆがみ 温かみ 手拭いの生産最盛期に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
干されて風に揺れる手拭い用の生地=熊本市西区で、矢頭智剛撮影
干されて風に揺れる手拭い用の生地=熊本市西区で、矢頭智剛撮影

 夏本番を前に熊本市西区の間林(まばやし)染工場で手拭いの生産が最盛期を迎えた。裁断される前の生地が干されて、風に揺れている。

 「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる手染め技法でつくる手拭いは、にじみやゆがみが美しく温かみを感じさせる。4月から10月にかけてがシーズンで年間約8万枚を生産。全国の祭りや剣道…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集