メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2の「お宝」解析へ準備万全 胸躍る未知なる「天体との対話」

探査機「はやぶさ2」が帰還した現地で、カプセルからガス成分を回収するため開発中の装置=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構相模原キャンパスで2019年7月3日、永山悦子撮影

 探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウへの2回目の着陸に挑む。今回は人工的に作ったクレーター付近への着陸を目指しており、「世界で初めて小惑星の地下物質を採取する」というミッション最大の目的が達成されれば、はやぶさ2の地球帰還は世界中の注目を集めることになる。帰還後、カプセルの中に「何か」が入っているかを最初に確認するのが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球外試料キュレーションセンター(相模原市)だ。「お宝」を待ち受ける体制と、その分析にかける期待を取材した。

この記事は有料記事です。

残り2289文字(全文2527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです