広島平和記念式典 英仏露など95カ国とEU参列 米は出欠明言せず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆投下の時刻に合わせて黙とうをする人たち=広島市中区の平和記念公園で2016年8月6日午前8時15分、小関勉撮影
原爆投下の時刻に合わせて黙とうをする人たち=広島市中区の平和記念公園で2016年8月6日午前8時15分、小関勉撮影

 広島市中区の平和記念公園で原爆の日の8月6日に開く平和記念式典について、広島市は10日、95カ国と欧州連合(EU)の代表が参加するとの見通しを発表した。被爆70年だった2015年の100カ国に次ぐ過去2番目の多さで、核兵器を保有する5大国は英仏露が出席。中国は欠席で、米国は出欠を明言していない。

 157カ国とEUに式典の案内状を送って…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文388文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集