メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

傷害致死の被告に懲役13年判決 津地裁

 三重県鈴鹿市の石垣池で昨年10月、同県四日市市赤堀1、派遣社員、牟田義一さん(当時41歳)が遺体で見つかった事件の裁判員裁判で、津地裁(田中伸一裁判長)は10日、傷害致死の罪に問われた、住所不定、無職、与後茂樹被告(49)に対し、求刑通り懲役13年の判決を言い渡した。

 判決によると、与後被告は昨年9月30日ごろ、鈴鹿市内の駐車場に止めた車や公衆トイレで牟田さんの顔や頭、右膝を拳や警棒のようなもので何度も殴打し、死亡させた。

 公判で弁護側は「先に攻撃したのは牟田さんであり、殴り合いの末に被告の意思に反して死亡させた」などと情状酌量を求めていたが、田中裁判長は「仮にそうした経緯があったとしても、一方的で執拗(しつよう)な攻撃を長時間継続し、重大な犯罪を起こしたことは厳しい非難に値する」と断じた。【谷口豪】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです