メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「漫画村」に画像掲載した著作権法違反容疑で男女2人逮捕

福岡空港から警察署に身柄を送られる伊藤志穂容疑者=福岡市博多区で2019年7月10日午後2時21分、浅野孝仁撮影
福岡県警に身柄を移送される藤崎孝太容疑者(中央)=福岡空港で2019年7月10日午後3時51分、金澤稔撮影(画像の一部を加工しています)

 人気漫画を無断で公開していた海賊版サイト「漫画村」(昨年4月に閉鎖)の著作権法違反事件で、福岡県警などは10日、東京都の20代の男女2人を同法違反容疑で逮捕した。2人は漫画村を運営していたとして国際手配され、現在、フィリピン入国管理局に拘束されている星野路実(ろみ)容疑者(27)の友人で、画像をサイトに掲載する役割を担っていたとされる。県警は他に複数の人物が関与していたとみて、実態解明を進める。

 逮捕されたのは、東京都中野区上高田2、アルバイト、藤崎孝太(26)と、東京都府中市住吉町2、派遣社員、伊藤志穂(24)の両容疑者。逮捕容疑は2017年5月29日ごろ、人気漫画「ONE PIECE」の866話の画像を漫画村のサイトに掲載して不特定多数が閲覧できるようにし、出版元の集英社(東京都)の著作権を侵害したとしている。2人とも容疑を認めている。

 星野容疑者らは身元が特定されないように海外のサーバーを経由して、画像を配信していたとみられ、県警などは今後、実際に画像を記録していたサーバーの特定を進める。

 捜査関係者によると、漫画村は遅くとも15年8月には存在し、「進撃の巨人」などの人気漫画を無断で掲載。広告収入で得たとみられる多額の収益は、星野容疑者が藤崎、伊藤両容疑者らに分配していたとみている。

 県警などは昨年5月に日本を出国した星野容疑者のフィリピンから日本への強制送還手続きが整い次第、逮捕する方針。他にも日本人の男1人の逮捕状を取っている。

 また、県警は星野容疑者の自宅などを家宅捜索し、スマートフォンを含む約360点の証拠品を押収した。【中里顕、浅野孝仁】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです