メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺で得た電子マネーを現金化で逮捕 組織犯罪処罰法違反容疑を初適用

詐欺で得られた電子マネーを現金化するのに協力したとして逮捕され、福岡県警八幡西署に移送される戸倉武徳容疑者=北九州市八幡西区で2019年7月10日午後5時4分、津島史人撮影

 ビール券の売買を装い、詐欺グループが特殊詐欺で得た電子マネーを現金化するのに協力したとして、福岡県警は10日、東京都墨田区の酒販店経営、戸倉武徳容疑者(55)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)容疑で逮捕した。電子マネーの換金に同容疑を適用するのは全国初。

 逮捕容疑は、北九州市八幡西区の70代女性から電子マネーなどをだまし取った詐欺グループに対し昨年8~11月、大手通販サイト上でビール券を販売したように見せかけて、約4100万円分の現金化に協力したとしている。

 県警によると、詐欺グループはサイト運営会社にだまし取った電子マネーでビール券代を支払い、ビール券を出品した戸倉容疑者にはサイト運営会社から現金が振り込まれていた。戸倉容疑者はこの現金を詐欺グループに渡すことで現金化に協力、代わりに手数料を受け取ったとみられる。県警は今後、詐欺グループ側の摘発を目指す。【平塚雄太】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです