緑内障患者、睡眠時の血圧上昇 心臓や血管の病気起こしやすくなる可能性 奈良県立医科大グループ研究

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
緑内障と睡眠中血圧の関係=奈良県立医科大提供
緑内障と睡眠中血圧の関係=奈良県立医科大提供

 緑内障患者の睡眠中の血圧は、通常の人と比べて高く、心臓や血管の病気を起こしやすくなっている可能性があるとの研究成果を、奈良県立医科大のグループがまとめた。

 血圧は一般的に睡眠中は低下する。研究では、通院中の緑内障患者109人(平均年齢71.0歳)の血圧を24時間連続で測定し、緑内障ではない708人(同70.8歳)と比較した。

 緑内障患者の平均血圧(収縮期)は日中が133.3ミリHgで睡眠中は119・3ミリHg。一方、それ以外では日中134.3ミリHg、睡眠中114.8ミリHgで、緑内障患者の睡眠中の血圧が高いことが分かった。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文502文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集