メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緑内障患者、睡眠時の血圧上昇 心臓や血管の病気起こしやすくなる可能性 奈良県立医科大グループ研究

緑内障と睡眠中血圧の関係=奈良県立医科大提供

 緑内障患者の睡眠中の血圧は、通常の人と比べて高く、心臓や血管の病気を起こしやすくなっている可能性があるとの研究成果を、奈良県立医科大のグループがまとめた。

 血圧は一般的に睡眠中は低下する。研究では、通院中の緑内障患者109人(平均年齢71.0歳)の血圧を24時間連続で測定し、緑内障ではない708人(同70.8歳)と比較した。

 緑内障患者の平均血圧(収縮期)は日中が133.3ミリHgで睡眠中は119・3ミリHg。一方、それ以外では日中134.3ミリHg、睡眠中114.8ミリHgで、緑内障患者の睡眠中の血圧が高いことが分かった。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです