メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

スポーツ×マンガ!オリパラのバリューを発信する特別企画展が開催

情報提供:アズリーナ

東京五輪・パラリンピック開催が1年後に迫る中、日本が世界に誇る文化の1つである「マンガ」を切り口に、大会の機運醸成を図るユニークな企画が生まれました。

大手電機メーカーのパナソニックは、2019年7月13日(土)から9月29日(日)まで、パナソニックセンター東京(以下、PC 東京)で、特別企画展「SPORTS×MANGA」を開催します。

このPC 東京では、2020年に向けて「スポーツ」「文化」「教育」の 3 つを軸に、五輪・パラリンピックのムーブメント活動が積極的に展開されています。

 

今回の特別企画展は第5弾となり、欧州最大級のマンガ関連イベント「アングレーム国際漫画祭」のアートディレクターがキュレーターとして参画します。パナソニックのプロジェクターや液晶ディスプレイなどを活用し、100タイトル以上のスポーツマンガ作品が紹介されます。

会場には「スポーツマンガの歴史と日本社会」「必殺技」「ヒーローとアスリート」などをテーマに、7 つの空間で展示が展開されており、マンガを通じてスポーツが持つさまざまな魅力を感じることができます。

初日となる2019年7月13日(土)と夏休み期間中には、アスリートを招いたトークイベントなども実施予定です。過去の名作を見て懐かしさを感じながら、未来の祭典に向けて胸を膨らませるようなイベントとなりそうです。

特別企画展「SPORTS×MANGA」の詳細はこちら


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです