メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

買い替えるばかりが能じゃない! 後付けできるクルマの安全装備3選

情報提供:カートップ

買い替えるばかりが能じゃない! 後付けできるクルマの安全装備3選

安全意識の高まりから後付けできる装置の開発が進んでいる

 高齢者の事故が続発し、被害軽減(自動)ブレーキやペダルの踏み間違いによる誤発進抑制制御などの安全装置に注目が集まっている。

 新車の購入時にメーカーオプションで取り付けておけばよかった、と後悔している人もいるかもしれないが、なかにはあと付けできる安全装備もある。

1)踏み間違い加速抑制システム

 たとえば「サポカーS」のひとつの条件、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」については、トヨタ(デンソー)とダイハツがすでに後付け用の「踏み間違い加速抑制システム」を開発、発売中で、対象車種を広げていく予定になっている(トヨタ・プリウス、アクア用など 5万5080円 ダイハツ・タント用 3万4560円)。

後付け安全装備

2)ペダルの見張り番

 また大手カー用品店、オートバックスグループが開発した急発進防止装置「ペダルの見張り番」も売れている。

後付け安全装備

「発進時などブレーキとアクセルを踏み間違え、アクセルを強く踏み込んでもクルマが急発進しない」「バック時の踏み間違えによる急発進もしない」「アクセルとブレーキを同時に踏み込んだ時にブレーキが優先される」などの特徴があり、価格も本体+工賃+ハーネス込みで、税抜き3万円とリーズナブル。軽自動車からミニバンまで、100 車種以上に幅広く対応しているのも、ヒットの要因だ。

 また、2019年1月に発売された「ペダルの見張り番Ⅱ」はより細かな感度調整が可能で、価格は本体+工賃+ハーネス込みで4万円。

後付け安全装備

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです