メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

買い替えるばかりが能じゃない! 後付けできるクルマの安全装備3選

情報提供:カートップ

買い替えるばかりが能じゃない! 後付けできるクルマの安全装備3選

安全意識の高まりから後付けできる装置の開発が進んでいる

 高齢者の事故が続発し、被害軽減(自動)ブレーキやペダルの踏み間違いによる誤発進抑制制御などの安全装置に注目が集まっている。

 新車の購入時にメーカーオプションで取り付けておけばよかった、と後悔している人もいるかもしれないが、なかにはあと付けできる安全装備もある。

1)踏み間違い加速抑制システム

 たとえば「サポカーS」のひとつの条件、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」については、トヨタ(デンソー)とダイハツがすでに後付け用の「踏み間違い加速抑制システム」を開発、発売中で、対象車種を広げていく予定になっている(トヨタ・プリウス、アクア用など 5万5080円 ダイハツ・タント用 3万4560円)。

後付け安全装備

2)ペダルの見張り番

 また大手カー用品店、オートバックスグループが開発した急発進防止装置「ペダルの見張り番」も売れている。

後付け安全装備

「発進時などブレーキとアクセルを踏み間違え、アクセルを強く踏み込んでもクルマが急発進しない」「バック時の踏み間違えによる急発進もしない」「アクセルとブレーキを同時に踏み込んだ時にブレーキが優先される」などの特徴があり、価格も本体+工賃+ハーネス込みで、税抜き3万円とリーズナブル。軽自動車からミニバンまで、100 車種以上に幅広く対応しているのも、ヒットの要因だ。

 また、2019年1月に発売された「ペダルの見張り番Ⅱ」はより細かな感度調整が可能で、価格は本体+工賃+ハーネス込みで4万円。

後付け安全装備

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです