メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

トヨタ・スープラもホンダNSXも北米が主戦場! なぜアメリカでは2ドアクーペがウケるのか?

情報提供:カートップ

トヨタ・スープラもホンダNSXも北米が主戦場! なぜアメリカでは2ドアクーペがウケるのか?

日本は一部クルマ好きの乗りものだがアメリカでは売れ続けている

1)女性が大好きだから

 アメリカで2ドアクーペが売れ続ける。理由のひとつが、女性ドライバーからの支持だ。アメ車に2ドアクーペが登場したのは、1950年代。全長6メートル近い巨大なボディに豪華な装飾を凝らしたクーペが登場するや、男性はもとより女性からの人気が高まった。

 そうした需要をしっかりと捉え、大量生産化に成功したのが、60年代のフォード・マスタングだ。ポニーカーと呼ばれ、女性が乗りやすい馬を扱うような商品イメージを訴求した。

 一方、マスタングは男性が好む大出力型のスポーツカーとしても進化。シェルビーコブラなどレース仕様も登場する。マッスルカーでは、GMシボレー・カマロやダッジ・チャレンジャーなどがライバルだが、これらも女性がオシャレに乗るクルマとして人気を博した。

クーペ

 そのほか、スペシャリティカーとして別格の存在であるGMシボレー・コルベットでも、60年代からオシャレ感覚で乗る女性が多かった。

クーペ

 その後、70年代の日産フェアレディZ、80~90年代の三菱エクリプスなど、男性のみならず女性の支持を受けた2ドアスポーツカーがアメリカでは多く登場した。

クーペ

 加えて、オープンカーを指すコンバーチブルでも、中高年の女性の人気が高いというのがアメリカでのクルマの歴史だ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです