メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織、準々決勝敗退

フェデラーにポイントを奪われ落胆する錦織=AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(日清食品)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で逆転負けし、同種目の日本人では1933年大会の佐藤次郎以来86年ぶりの準決勝進出を逃した。4大大会では昨年の全米オープン以来、4回目の4強入りに届かなかった。フェデラーは大会通算100勝目を飾った。

 第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)はサム・クエリー(米国)を7-5、6-2、6-2で破り、…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです