メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

女子W杯フランス大会 米選手、優勝パレード 差別と闘う 「待遇を平等に」共感広がる

優勝パレードで沿道からの声援に笑顔を見せるラピノー選手=米ニューヨークで10日

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で最多となる4度目の優勝を果たした米国代表の選手たちが10日、ニューヨーク中心部マンハッタンをパレードした。選手らは男女間の待遇格差の是正を訴えており、ファンからは「平等な報酬を」との声が響いた。スポーツ界で女性の立場向上は実現していないとの主張に米社会で共感が広がっている。【ニューヨーク隅俊之】

 米メディアによると、パレードには約30万人が詰めかけた。ひときわ大きな注目を集めたのが、今大会で最…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1198文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです