メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
書の世界

第71回毎日書道展 ベテラン勢健闘

 第71回毎日書道展(東京展は国立新美術館=8月4日まで、東京都美術館=18~25日)が開幕した。昨年の節目の年を経て、新しい一歩を踏み出さんという期待が高まる。

 公募の出品点数は昨年比766点減の2万8077点。分野別では、かな251点減▽近代詩文書127点減▽刻字112点減が目立つ。「現代の書」を掲げる公募展だけに、魅力を訴えかけ続ける必要があるだろう。ただ「70年にわたる書道展の歴史と先達から引き継がれてきた精神は揺らぐものではありません」(大谷洋峻・総務部長)という言葉には勇気付けられる。

 多彩な分野で表現を切り開いてきたベテラン勢の健闘は、心強い。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文872文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです