メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

舘ひろし おちゃめな人間味、表現 「アルキメデスの大戦」山本五十六役

舘ひろしさん=小川昌宏撮影

 太平洋戦争で沈没した戦艦「大和」。その建造をめぐり、軍人同士の知略や争いを描いた映画「アルキメデスの大戦」が26日から公開される。当時、海軍少将だった山本五十六を演じる俳優の舘ひろしに作品について話を聞いた。

    ■   ■

 舞台は1933年の日本。海軍内では「巨大戦艦建造計画」を推進する嶋田繁太郎少将(橋爪功)らと、「これからの時代の戦闘は航空機が主流になる」と反対する山本らが激しく対立していた。主人公の櫂直(かいただし)(菅田将暉)は東京帝国大数学科で100年に1人と言われた天才で、その頭脳に目を付けた山本が、櫂を海軍にスカウト。計画の問題点を数学的観点から明らかにしていくストーリーだ。

 監督は、VFX(視覚効果)技術の名手、山崎貴。冒頭、米軍に撃沈される大和を迫力ある映像で見せる。そ…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 10人死亡か 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 京アニのスタジオで火災 1人死亡30人以上けが 男「自分が放火」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです