メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村獅童

「八月南座超歌舞伎」で初音ミクと共演 デジタルで映える伝統美

歌舞伎俳優の中村獅童=大阪市中央区で、猪飼健史撮影

 生身の歌舞伎俳優たちとスクリーンに映し出されるCGキャラクターが共演する全く新しい発想の歌舞伎公演「八月南座超歌舞伎」(NTT・松竹パートナーズ主催)が、8月2日に京都・南座で始まる。夏休みまっただ中の時期。主演する中村獅童は「全身全霊で今の若者たちを振り向かせたい」と熱く語る。

 「超歌舞伎」は2016年から、松竹と、ネット上で多彩なエンターテインメントを提供する企業、ドワンゴが共同製作し、イベントなどで上演を重ねてきた。NTTの超高臨場感通信技術「Kirari!」を駆使した“分身の術”などの演出が高く評価されており、今回初めて劇場での1カ月興行が実現する。

 獅童が共演するのは、初音ミク。人気の高いバーチャルアイドルだ。企画を初めて聞いた時は、「古典歌舞伎とデジタルの世界を結びつけるチャレンジだと思いました」。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです