メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

平野町かいわい 変遷たどる=大阪市中央区 古地図アプリで街散策

アプリ「大阪こちずぶらり」の製作に携わった杉本容子さん(右)と森山秀二さん=大阪市中央区で、前本麻有撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 大阪市中央区のオフィス街を東西に走る「平野町通(ひらのまちどおり)」。今はビルの谷間の平凡な道だが、江戸~明治期は大阪城に通じるメインストリートだった。古地図と照合させて街を歩けるスマートフォンのアプリ「大阪こちずぶらり」の制作者、杉本容子さん(43)、森山秀二さん(57)と一緒に平野町かいわいを歩いた。【前本麻有】

 アプリではGPS機能を利用し、現在地を古地図に示す。江戸時代の「浪花(なにわ)百景」や、画家・野村広太郎による「明治・大正大阪百景」の名所絵も紹介され、当時の風景を想像できる仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです