メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

戦地から息子らへ145通 日常生活、絵はがきに 福山・人権平和資料館 /広島

展示されている戦地からのはがき=広島県福山市人権平和資料館で、広瀬晃子撮影

 兵士が戦地から家族に送ったはがきを紹介した企画展「ツルブからの手紙~軍事郵便が届けた一兵士の愛~」が福山市丸之内1の市人権平和資料館で開かれている。激戦の中、日本で暮らす幼い息子らに宛て、愛情を込めて書いたはがき計145通が展示されている。戦地から送った軍事郵便は届かないことが多かったが、この兵士の待遇が良かったせいか、便りは家族に届いていた。【広瀬晃子】

 展示しているのは、南太平洋ニューブリテン島のツルブで戦死した小林喜三さんが1942年3月から約1年…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文883文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです