メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども落語全国大会

今年も 日向市で20、21日に 年々レベルアップ、65人が挑戦 /宮崎

十屋市長(右から3番目)を訪れた実行委のメンバー

 小中高校生が出場する「第11回こども落語全国大会」が20、21日に日向市で開かれるのを前に、主催の「お笑い発祥の地 落語が地球を救うかもしれない実行委員会」の那須久司委員長ら5人が9日、十屋幸平市長に大会概要を説明した。

 大会は日向市文化交流センターを会場とし予選を20日午後1時~5時45分、決勝を21日午前9時15分~午後0時45分に開く。今年は高校総体の開催の影響で日程が例年より1週間前倒しとなったが、13都道府県から最多…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです